【調査】年収3,000万円のふるさと納税はいくらまでできる?

節税効果も高く、所得の高い人は積極的に利用したい魅力的な制度であるふるさと納税

しかし、ふるさと納税には、自己負担2,000円となる寄付の上限額というものが決まっており、その金額を超えて寄付してしまうと、お得にはならず、むしろ損をしてしまう可能性もあります。

さて、そんなふるさと納税ですが、年収3,000万円の人の上限額はどのくらいかご存じでしょうか?

会社員か、自営業か。あるいは、家族構成がどのようなかたちか。などによって、詳細は異なりますが、会社員で年収3,000万円近い人は、ふるさと納税の上限額は90万円前後になります。

自分のふるさとの上限額を把握した人は、ぜひ、下記を参考にしてみてください。

年収3,000万円のふるさと納税の上限額

ふるさと納税の上限額を知る方法

ふるさと納税の自己負担2,000円となる寄付の上限は、各ふるさと納税のサイトのシミュレーションツールを利用することで、確認することができます。

私は、普段、さとふるを利用していますので、そちらでご案内します。

ふるさと納税控除上限額シミュレーション

こちらに情報を入力することで、ふるさと納税の上限額を知ることができます。

給与所得+不動産所得のある私の場合

私は、2020年の年収が3,000万円を超えたのですが、給与収入のみではなく、不動産収入(ワンルームマンションからの家賃収入)もあわせて、この数字になっています。

①給与収入 … 26,790,000円
②不動産収入 … 4,283,800円

で、合計31,073,800円です。

給与所得控除額、経費を差し引いた所得金額は、

①給与所得 … 24,840,000円
②不動産所得 … 0円

で、合計24,840,000円です。

そんな私のふるさと納税の上限額は898,000円です。

私は、不動産所得があるため、毎年、確定申告をしております。
その確定申告の申告内容をそのまま転記していきます。

入力すると、簡単に上限額を知ることができました。

給与所得のみで年収3,000万円の場合

給与所得のみで年収3,000万円で「独身または共働き」の人は、次のように、934,000円ほどが目安になります。

その他のケースでは次の通りです。

  • 夫婦 … 934,000円
  • 夫婦+子1人(高校生) … 919,000円
  • 夫婦+子1人(大学生) … 908,000円
  • 夫婦+子2人(大学生と高校生) … 893,000円

これらの数字はあくまで概算であり、所得控除額などによって変わります。

手元に源泉徴収票がある方は、そちらを元に入力することで、より正確な上限額を知ることができます。

2020年のふるさと納税 実績

私の2020年のふるさと納税の総額は565,000円でした。

利用したサイトと金額は、

でした。

2021年のふるさと納税 実績

2021年は、いまのところさとふる経由のみです。

2021年6月4日時点で、595,000円となっています。
年始からハイペースで申し込んだので、残額はかなり減っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする