新しい保険相談サービス:ほけんのコーデ(DeNA)

DeNAが2017年の4月に、ほけんのコーデという名前の新しいサービスを開始しました。
このサービスは、性別や年齢、家族構成、年収などの質問項目をチャット感覚で回答して、保険の相談を希望すると、保険のプロが登場するので、その中で写真やプロフィールを参考にして、誰に相談するか好きな人を選べるというサービスです。
相談地域によって相談できる人は異なり、相談する人を選ぶと、店舗かその他の場所での相談が可能になります。

相談する人は、DeNAの社員ではなく、主に保険ショップの「保険クリニック」などの保険の募集人になります。

日本人は世界有数の保険好きと言われていて、加入率は8割を超えます。
一方で、どの保険に入れば分からないという人も多く存在します。
来店型の保険ショップもかなり一般的になってきましたが、保険ショップに言っても保険の相談相手を選ぶことはできず、自分についた募集人が自分に合うかどうかはわかりませんでした。
このサービスによって、誰に保険を相談するかを選ぶことができるようになることで、これまで保険ショップでの相談に慎重だった人も相談しやすくなることでしょう。

実際に相談に行っても、すでに面識がある感覚で、話も聞きやすいようです。
また、来店前にすでに相談者の情報も把握しているため、事前に必要な資料も用意できています。

募集人は、月1万円をDeNAに支払うことで、ほけんのコーデに参加することができて、面会することができたら追加で3万円を支払う仕組みになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする